唐津のお店を食べ歩き、持ち帰り。

唐津にある飲食店、テイクアウトのお店で食べたものをレビューするそんなブログ

鮮魚店が営む創作居酒屋 酒肴酔処 九絵の海鮮丼(1000円)

 

店名:酒肴酔処 九絵

住所:佐賀県唐津市中町1838-1 サンタマキビル1F

番号:080-7986-6239

時間:11:30~14:00(月~金)18:00~24:00

定休:日

駐車:無

 

 

中町に出来た居酒屋。青果店の隣にあり、真横に有料駐車場が隣接しています。新興町にある肴や 八一十の姉妹店であり、魚介類を売りにしています。

 店内はカウンターと2~4人掛けのテーブル2つを中心とした少人数利用の席となっています。


 メニューは700~1000台の魚・肉を中心とした創作メニュー。牛タンステーキやだし巻き卵、海鮮春巻、カルパッチョといった様々な創作に加え、不定期に変わるおすすめメニューがあります。

 また2月より月曜から金曜の平日限定でランチ営業を開始。日替わり定食と海鮮丼の2種類で、日替わりの内容はお店のインスタで投稿されます。

 

 

【料理の紹介】

 今回は海鮮丼(1000円)を注文。海鮮丼は味噌汁がセットでついており、刺身醤油と胡麻ダレを選択するスタイルで今回は胡麻ダレにしました。

 ネタは五種類の魚介類が2〜4枚。このため10〜12枚のネタが乗っています。この日はサーモンにタイ、ハマチ、ヒラメ?、とびっこ、錦糸卵でした。

 ネタはサイズが大きくその分薄め。薄っぺらいというわけではなく、しっかりご飯を包める厚みと柔らかさがあり、海鮮丼向きの厚みでした。サーモンはしっとり脂がのってて白身魚はコリコリで美味しい。

 御飯の量ですが、結構多いです。どんぶり茶碗はうどん店で出るサイズで深さがあり、ご飯は茶碗1.5杯から2杯分くらい入ってます。ご飯の種類は温かい白米。お酢の味付けはないタイプで硬めの一粒一粒が感じられます。刺身とご飯を口に運ぶ割合は意識ご飯多めで入れていましたが、それでもご飯が余るくらいご飯は多いです。

 そしてゴマダレ、海鮮丼は初めてでしたが、結構いいですね。ご飯と絡んでも醤油のように塩っ辛くなるようなこともなく、ご飯単体でも食べやすい。醤油だとそこに溜まって底のご飯が醤油でべちゃべちゃになって塩っ辛くなるのがきつかったから、刺身醤油よりもゴマダレのほうが好みに感じました。


 目の前が海鮮丼専門店の亀山、さらに定食ならすぐ近くにランチの定食は1000円を切るあづまがあるなどライバルが多いメニュー展開ですが、海鮮丼が1000円で食べれるところは少ないので頑張ってほしいですね。